アトピー性皮膚炎改善のために抗酸化をはじめます

シュガースクラブ「みんなの肌潤糖」で、皮膚の状態はかなり改善されてきたのですが、ぽつぽつと出来る赤い湿疹は、体の内部から治さなければならないということで、
その方法をいろいろ調べています。

 

皮膚科に行っても、ステロイドなど副腎皮質ホルモン系の塗り薬を処方されるだけで、根本的な解決にならないんですよね。

 

つまり、アトピーは「皮膚の炎症」=「酸化」ということなので、酸化を防ぐ方法を考えるか体質を改善する必要があるということです。

 

抗酸化でアトピーが軽快したり、ほぼ完治したという患者さんもいるそうなので、体の内部からは抗酸化をテーマにアトピーと向き合うことにしました。

 

そのために行うことは下記の通りです。

  • 小麦系の食品は避ける(パン・パスタなど)
  • 白砂糖のはいったお菓子などは避ける
  • ビタミンC・ビタミンEなどのサプリメントを摂取する

糖分は痒みの原因になるヒスタミンを発生させる根本的な原因になりますので、これを極力避けることが重要みたいです。

 

そして、酸化を防ぐための成分は「ビタミンC」と「ビタミンE」だそうで、これをサプリメントで摂取することにしました。

 

ただ、コンビニで販売されているような安いサプリは、配合量が少ないうえに、アレルギーの原因になりかねない添加物も多く入っているようなので、きちんとしたドクターズザプリか、オーガニックなものを選びます。

 

ビタミン系は、体に貯蓄しておくことは出来ないそうなので、1日に何度かに分けて摂取するのが良いそうです。

 

朝晩の食事後に飲むのを基本として、その間にもビタミンCやEを多く含むメニューを考えて食事でとっていこうと考えています。

 

赤ピーマンや黄ピーマンなどが含有量が多いそうなので、これからは積極的に食べようと思います。

 

あと、サジージュースというドリンクがあるそうで、これを炭酸などで割って飲もうかなと考えています。